ダイヤモンドヘッドは30万年前に噴火した死火山の外輪山です。

ダイヤモンドヘッド

 

ハワイと言えば、まず「ダイヤモンドヘッド」が浮かぶのではないのでしょうか?
ダイヤモンドヘッドはそれほどハワイを代表した観光地と言えます。

 

ダイヤモンドヘッドとは

ハワイの火山の噴火によりできた島々を「ダイヤモンドヘッド」といいます。
ハワイの火山の中で現在も「キラウエア火山」は火山活動が続いていますが、ダイヤモンドヘッドの噴火は30万年前に起きてからは全くおきておらず、いわば死火山の外輪山なのです。

ダイヤモンドヘッドのトレイルは外輪山の一番高い部分で、標高は232mになり、そこを山頂としています。
ダイヤモンドヘッドの周りにはグルメスポットやショッピングスポットは数多くあり、トレイルをしない方でも楽しむ事が出来るハワイを代表する観光スポットです。

 

ダイヤモンドヘッドトレイル

 

ダイヤモンドヘッドの画像

ダイヤモンドヘッドの登山口にはインフォメーションセンターがあり、車やバスで行く事ができます。
入園料は$1で、車で行く場合は駐車場代も込みで$5になります。

 

開園時間は6時から18時です。18時にはゲートが閉められてしまうので注意しましょう。
ダイヤモンドヘッドトレイルは片道1時間も歩けば山頂にたどり着く事が出来ますが、はきなれたスニーカーなどの靴で行くようにし、日差しも強いので、帽子や日焼け止めは忘れないようにしましょう。
それ以外は飲み物やカメラなど身軽な状態で大丈夫です。
また、登山道にトイレは無いので、前もって済ませておきましょう。

 

ダイヤモンドヘッドトレイルは、最初のうちはコンクリートで舗装された「歩道」ですが、すぐに坂道になります。
最初の展望台を過ぎると76段の階段が現れ、トンネルが現れます。それを越えると99段の階段があり、らせん状のトンネルがあり、出口はかなり低く作られているので注意しましょう。

 

なお、トンネルの中はかなり暗いので足元に注意しながら進みましょう。
2つ目のトンネルを抜けるとそこにはダイヤモンドヘッドビーチがきれいに見られる場所に出ます。そのまま頂上へ向かいましょう。