熱帯太平洋の海洋生物の展示や保護、研究に力を入れており、世界的にも有名な水族館の1つです。

ワイキキ水族館

 

ワイキキの画像

ワイキキ水族館は、1時間ほどで回れるくらいに規模は小さいですが、1904年にオープンし、現在では110年以上のの歴史を誇る水族館です。

 

展示内容が充実しており、ハワイにしか生息していない珍しい生物や、絶滅危惧種に指定をされているハワイアン・モンクシーク(ハワイアン・モンク・アザラシ)も間近で観る事が出来たり、太平洋に生息する海洋生物などの生態について学べたり、子供が参加できるイベントプログラムなども行われているなど、地元の人々はもちろん、世界中の旅行者からも人気のある水族館です。

 

現在はハワイ大学が経営をしており、熱帯太平洋の海洋生物の展示や保護や研究に力を入れている施設となっているため、世界的にも有名な水族館の1つで、数々の賞も受賞しています。

 

日本からの旅行者には、日本語の音声ガイドのヘッドフォンを貸してもらえるので、英語がわからなくても十分楽しむ事が出来ます。

 

展示水槽は大きなものが多いので、多少混雑していてもちゃんと観る事ができます。

 

ワイキキ水族館へのアクセス

ワイキキ水族館はダイアモンドヘッドの裾野にある「カピオラニ公園」の海側にあります。
ワイキキ水族館に行く為には、タクシーかバスかトロリーに乗っていきましょう。
レンタカーなどでも行く事は可能ですが、駐車場が少ない為、公共機関での来場をおすすめします。

 

ワイキキ水族館の開園時間は9時から16時です。定休日はありませんが、ホノルルマラソン時やクリスマス(12月25日)や感謝祭時は9時から14時のオープンとなりますので気をつけましょう。

 

ワイキキ水族館の入園料

ワイキキ水族館の入園料は、大人(13歳以上)は$12、子供(4歳から12歳)は$6、シニア(65歳以上)は$5となっています。
なお、18歳以下の方の入館には成人が同伴する事が必要ですので注意しましょう。